ゲームセンターCXがおもしろいです

最近、友人が面白いから見てー!と貸してくれたのが『ゲームセンターCX』という番組のDVD。
とても熱狂的なファンがいるという番組らしく、さっそく見ました。
内容は、よゐこの有野こと有野課長がいまの30〜40代の人が小さい頃に遊んだ懐かしの
ファミコンや、スーパーファミコンのソフトをクリアしていくというもの。

 

これがとにかく面白かったです!ゲラゲラ笑いました!
ただゲームをクリアするだけの話がどうしてそんなに面白いのかというと、
この有野課長、めちゃめちゃゲームが下手なんです。
ゲームのジャンルによっては大活躍もしているんですが(パズルゲームやクイズものなど)、
アクション系になるともうボロボロ。
自分も遊んでいたスーパーマリオの様子なんか見てると、どうしてそこで敵にぶつかっちゃうんだとか、
どうしてジャンプして飛び越えるはずの穴に落ちるんだとか、
クリア前に旗ひっぱれないじゃんとか見ていてもう懐かしいやら歯がゆいやらでとても笑えます。
自分もゲームが下手だったから有野の下手さに子供の頃の自分の姿を重ねてしまって、
いつの間にかついつい熱く応援してしまってました。

 

貸してくれた友人は自分とは逆にとてもゲームが上手いやつなのですが、
友人からすると自分が遊んでいたマニアックなゲームに有野課長が挑戦しているのが楽しいのだとか。
そして、さらに楽しいのが有野課長を支える番組スタッフのひとたち。
普通は画面に出てこないADさんやカメラマン、構成作家などのスタッフのかたがたも顔出しで有野課長を応援。
スペシャル時にはご飯作ったり歌ったりと、まるで有野課長の家族のような雰囲気で盛り上げてくれるところがなんとも楽しいです。
ゲームをあまりしたことがないひとにも面白いと思います!